こども会からお知らせ

佳作作品

低学年の部

夕しょくのあいさつ
    兵庫西山崎支部 かわの ひな
 わたしのかぞくは、いつもごはんをたべるときに、あいさつをしています。
 「作ってくださった方と、いのちにかんしゃして、どうぞお上がりください。」とわたしが言います。そしてみんなが「いただきます。」があいさつです。
 このあいさつは、小学校で教えてもらいました。
 今まで、あいさつをしていなかったときは、何も考えていなかったけど、みんなであいさつをやりはじめてからは、作ってくれた人にかんしゃをしようと思うようになりました。
 にが手なたべものも、がんばってのこさずにちょうせんしています。
 そして、みんなそろっていただきますのあいさつをすると、とてもいい気もちになるしごはんの時間がたのしくなります。みんなのかおもニコニコしているように思います。
だから、わたしはこれからもあいさつをつづけていきたいです。

中学年の部

すてきなあいさつ
      立川柴崎支部 田村 彩瑛
 わたしはあいさつが大好きです。それは、あいさつをしたら自分も相手も気持ちがよくなるからです。あいさつをとおして感じた事があります。
 あいさつする事は、毎日やっています。家族・学校・ご近所さんに自分から小さいころからやっています。ママがいつもあいさつをしているから自然にわたしもあいさつをするようになったと思います。
 今年の3月から5月の3カ月間、コロナのえいきょうで学校が休校でした。休校き間中は、朝ごみすてのお手つだいをして、その後勉強をしてピアノの練習をするという毎日でした。ごみすてに行くと、ご近所さんに会うことがあります。わたしから、「おはようございます」とあいさつをすると、「おはよう、お手つだいえらいね。ピアノがんばってね。」と言ってくれました。おうえんしてくれてうれしかったです。しばらくたって「おはようございます。」とあいさつをすると、「おはよう、お手つだいえらいね。ピアノ上手になったね。」と言ってくれました。ほめてくれてうれしかったです。さらにべつの日は「おはようございます。」とあいさつをしたら、「おはよう、お手つだいえらいね。こんど、おじさんの家でピアノをひいてね。」と言ってくれました。ピアノの練習を聞いてもらえて、とてもうれしかったです。さいしょは、ふつうのあいさつだけでしたが、あいさつをとおして、たくさんのお話しが出来るようになりました。
 6月から学校がはじまりました。新しい先生や友だちにも会うことが出来ました。給食の時たんにんの先生が「ただ、いただきます。と言うのではなく、いのちをいただいているので『いのちあるものいただきます。』と言いましょう。そしてただ、ごちそうさまでした。ではなく感しゃをこめて『大へんおいしくいただきました。ごちそう様でした。』と言いましょう。」とおっしゃったので、こういう言い方を三年生になって毎日言っています。
その時、わたしは、いのちをいただいているんだな、自分の体や力になっているんだな、ありがたいな、しあわせだな。と思いました。また、給食委員さんたちにも感しゃの気持ちをもって食べています。
あいさつはただの言葉ではなく、思いやりや感しゃの心をつたえる事だと分かりました。だからあいさつをすると、自分も相手も気持ちがよくなるんだと思います。
これからも相手のことを思って自分からあいさつをしようと思います。そしてあいさつの大切さをわたしがお手本となり、妹たちにも教えてあげたいです。

高学年の部

あいさつをする意味
     名古屋大幸支部 鈴木 菜月
 私は、あいさつについて深く、考えました。あいさつは、世界のどこの国にも、ある言葉です。なのでせっかくだから、あいさつを使ってみようと思いました。
 最速実践しました。私は、毎日あいさつを使っている、と思い込んでいたのですが、改めて考えてみると、声が小さいのかも、と思ったりもしました。ですから、あいさつに必要なのは、
大きい声で
相手の目を見て
ということが大切だなと思いました。再びあいさつをしてみました。その二つの大切なところを守ったら、あいさつを、返してくれるようになったり、自分も、すがすがしい気持ちになりました。また、あいさつを続けよう。と思うきっかけにも、なりました。他にも感じたことはたくさんあります。あいさつとは、「おはようございます」や「こんにちは」「こんばんは」などがありますが、私にとって、あいさつは「ありがとうございます」や「ごめんなさい」なども、含まれると思っています。だから、その言葉も使ったあいさつを、してみるとさっきのような、相手も自分も、良い気持ちになります。なので、これからも、その言葉を積極的に使っていきたいなあと思いました。
 私は、この作文を通して、あいさつを通して、これからもあいさつをちゃんと、しようと思いました。みなさんも絶対あいさつをした方がいいと思います。
 
 

Copyright (C) 2015 Gedatsu-kai. All Rights Reserved