渡辺孝彦 顧問 逝去される 

渡辺孝彦顧問.jpg

 渡辺孝彦本会顧問(前理事長)が、3月23日に霊界入りされた。享年78歳。
 渡辺顧問は、昭和18年8月神奈川県川崎市に生まれた。会社経営に携わる一方、平成7年5月に母である渡辺光氏より川崎中島支部を継承。平成21年からは東京第七教区長に就いて教区の活性化に努められた。
 本部においても平成17年から本部教務員、監事、理事を歴任され、平成24年3月1日より常任理事に就任。さらに平成29年1月から2年間に渉り、本会理事長の重責を担われた。
 教えに対する強い信念を持ちながらも、分け隔てないその人柄と明瞭で分かりやすい講話や指導で、多くの人から慕われた渡辺顧問は、特に健康指導において、解脱体位矯正法の創設者であり、父であった渡辺武氏の後を継ぎ、後進の育成、健康指導の広布など多大な貢献をされた。