川崎中島支部・渡辺先生を偲ぶ会

渡辺先生に最後のお別れ

 3月23日に霊界入りされた渡辺孝彦顧問(前川崎中島支部長)を偲ぶ会が、9月17日、本部道場にて川崎中島支部主催、解脱会本部の協力で斎行され、岡野英夫理事長はじめ全国からお世話になった役員や支部長、会員ら約200名が最後のお別れに集った。この会はコロナ禍により渡辺先生の葬儀が家族葬となったために支部が企画したもの。

 当日、会場となった地下ホールには渡辺先生の写真を中心に生花で彩られた祭壇が設けられ、密を避けるため会場には役員席、1階の本部道場に会員席が設けられ、式の様子が放映された。

 午後1時のご冥福を祈る黙祷に続いて当日参列できなかった小田敏郎相談役の弔辞を三浦純教育部長が代読、共に解脱会心身改造部(現 健康指導係)時代より尽力された思い出が語られた。

 参列者全員による感謝の天茶供養が捧げられた後、本会を代表して岡野理事長が挨拶に立ち、渡辺先生の功績を称え、「先生のご意志を継いで努力していくことをお誓いしましょう」と述べられた。続いて渡辺靖子夫人より謝辞が述べられた。最後に献花が行われ、岡野理事長はじめ参列者は手に手に花を携えて祭壇の故人へ感謝の花を捧げた。