わかりやす解脱教え

「おはよう」「いってきます」
普段、何気なくかわす挨拶には、
すてきなパワーが秘められています。

、笑顔でかわす「おはよう」の挨拶は、とても気持ちが良いですね。

落ち込んだ翌日でも、家族や同僚からの笑顔の挨拶に励まされ、「今日も一日がんばろう」と思えたりするものです。逆にこちらが挨拶したのに相手が応えてくれないと、がっかりした気持ちになり、「もしかして嫌われている?」とさえ思うこともあります。

 

こんなふうに、挨拶には「相手に心を伝える」力があるのです。

「おはよう」には、今日もお互いが元気でうれしいという気持ち。

「行ってらっしゃい」には、無事に帰ってきてほしいという家族の願い。

「いただきます」と「ごちそうさま」は、お肉や野菜などの食材に宿った命に、そしておいしく調理してくれた人に対する感謝の心――そうしたさまざまな思いを伝えられる挨拶って、とてもすてきなものだと思いませんか。

 

本来、「挨拶」という言葉には、「心をひらいて相手にせまる」という意味があります。それはつまり「自ら一歩ふみ出す」ということ。だから誰かに会った時には、まず自分の方から元気よく「おはようございます!」と声をかけてみてください。

挨拶は人間関係の第一歩であり、明るくイキイキとした人生をつくるカギなのです。

大切なこと-第2回/あいさつ

Copyright (C) 2015 Gedatsu-kai. All Rights Reserved